2012年07月09日

笑って健康!「お笑い大行進21」  〜特別スペシャル版!!大阪発〜開催

叶2.JPG叶3.JPG叶0.JPG幸助・福助.JPG澤田と田淵.JPG客1.JPGフィナーレ.JPG

本日、7月9日(月)の午後1時半より舞台の幕が上がり、今回は、司会進行に物まね漫談の田淵岩夫が務め、すっかりおなじみになった澤田隆治氏(笑いと健康学会会長)の挨拶の後、NHK朝の連続テレビ小説「ふたりっ子」のモデルにもなった「通天閣の歌姫」オーロラ輝子の実存モデルとなった叶麗子が登場。漫才では、ベテランの笑い、現代風のネタを披露した幸助・福助などが、流山市生涯学習センターの多目的ホールで「特別スペシャル版!!大阪発」が開催されました。
歌手の叶麗子の持ち歌や甘く切ない想い出の懐メロや心に沁みる夫婦演歌などを熱唱。歌と笑いで夢や癒しを届けるステージが、流山市生涯学習センターで歌と漫才のジョイントが実現したものです。
叶麗子さんのお誕生日は、3月11日と一昨年の東日本大震災の日と同じで何か縁があるとの事で、宮城県石巻での復興支援に出掛られた時の様子を語り、「家族を失い一人ぼっちになった子供のことや子供を親より先に失ってしまって、遺品もない。」それでもお元気で逆に励まされたこと。また、子供の頃に足が悪く、いじめに遭った時に、「タンポポの花のように強く生きて行きなさい。」とお母さんから教えられ、そのお母さんが66歳の若さで失い、その後、お父さんが風呂場で亡くなった悲しみを超えて“お母ちゃん生んでくれてありがとう”“心変われば、人生変わる!”新曲「さだめ」そのB面に叶麗子作詞による「あなたが星になった日」を歌い、涙を堪えての熱唱に感動し、お客様ももらい泣きをしながらお聞きいただきました。
叶麗子の演歌のステージは、最初は、デビュー曲の「通天閣人情」や新曲の「さだめ」を中心に、第一部では、懐メロや演歌など9曲を熱唱。
第二部では、幸助・福助が登場し、現代風のネタを披露し、息の合った掛け合い漫才を披露。会場内は、大爆笑の連続でした。
その後、叶麗子の演歌のステージの後半は、懐メロや演歌の他に、アンコール曲を全員で、手拍子しながら歌いました。第二部では、7曲など全16曲を熱唱されました。「演歌と笑いの二重奏」歌あり、漫才あり、涙ありの特別スペシャル版!!大阪祭は、感動の連続でお笑い大行進特別スペシャル版のフィナーレでは、出演者が全員登場して挨拶で終了。大盛況のうちに終了いたしました。
このプロデュースは、第一次漫才ブームの仕掛け人として、「花王名人劇場」「新婚さんいらっしゃい」「てなもんや三度笠」など数々の伝説の国民的番組を手掛けてきた、名プロデューサー澤田隆治氏。澤田氏は、これまで流山を舞台に、「笑って健康! お笑い大行進シリーズ」や喜劇映画のポスター展などを開催。

主催:流山文化のまちづくり実行委員会
協力:社団法人漫才協会/株式会社テレビランド/笑いと健康学会/流山市生涯学習センター 指定管理者 アクティオ株式会社

{次回のご案内}
澤田隆治コレクション&プロデュースによる
MAGIC2012近代マジック歴史100年
マジックポスターとマジックキット集合
〜伝説のマジシャンたち フーディーニからプリンセス天功まで〜
日程:2012年8月8日(水) 〜 8月14日(火)
開館時間:10:00〜17:00開催 (初日:13:00)
会場:流山市生涯学習センター
入場料:無料
主催:流山文化のまちづくり実行委員会
共催: 流山市生涯学習センター 指定管理者 アクティオ株式会社
協力:株式会社テレビランド/笑いと健康学会/柏マジッククラブ
後援:社団法人日本奇術協会
助成:芸術文化振興基金

[ 次回の予告 ] 
「笑って健康! お笑い大行進22は、8月19日(日) 13:30〜16:00に流山市生涯学習センターで開催されます。
チケット(全席指定)入場料 2,000円(前売り・当日共) 高校生以下 500円 友の会 1,500円
詳しくは、電話にて。予約ができます。(お支払は、当日も可)
流山市生涯学習センターチケットセンター(予約・問合せ)
TEL:04−7150−7474


posted by 流山市生涯学習センター at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。